コープおおさか病院

tel.06-6914-1100
文字サイズ

回復期リハビリテーション
病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患または大腿部頸部骨折などの患者様に対して、日常生活動作の能力向上と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師・看護師・ケアワーカー・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。
「ひととして生きる」という尊厳に目を向けて患者様と関わり、「生活を支える」治療、看護、リハビリテーションに重点を置いた活動をすすめます。回復期リハビリテーション病棟でも必要な治療は受けていただけますが、リハビリテーションや介護が中心となります。
検査や点滴など積極的な治療が必要な場合は、一般病棟に転棟、または転医が必要となります。
入院期間については、患者様の回復状況によっても異なりますが、おおよそ1~2ヶ月間程度の予定です。
1日の生活は、リハビリ訓練やレクリエーション、いすなどに座っての食事やトイレ誘導移動・入浴の取り組みなど「24時間まるごとリハビリテーション」を目指した取り組みをすすめていきます。
リハビリ療養生活を支援し、地域で安心して暮らしていただけるよう職員一同、よい医療とこころの通い合う看護・介護・リハビリテーション活動にとり組んでいきたいと考えております。

回復期リハビリテーション病棟対象病名と入院期間について

  疾患 発症から入院 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症もしくは手術後 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、
重度の頚椎損傷・頭部外傷を含む多発外傷
180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折もしくは手術後 2ヶ月以内 90日
3 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、
手術後または発症後
2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経筋、靭帯損傷後 1ヶ月以内 60日
回復期リハビリテーション病棟対象病名と入院期間について

回復期リハビリテーション病棟での1日

6:00
起床「おはようございます」
7:00
洗面、はみがき→食堂へ
8:00
朝食 食後は必ずうがいを
9:00
リハビリ
10:00
入浴(火・水・金・土)
11:30
食堂へ
12:00
昼食 食後のうがい
13:00
リハビリ
14:00
レクリエーション開始(日・祝以外毎日行います)
15:30
レクリエーション終了
17:30
食堂へ
18:00
夕食 食後のうがい
22:00
消灯「おやすみなさい」

  • あおぞら
  • 病院だより
  • コープリハ通信
  • コープおおさか病院 看護部 Webサイト
  • 学生の皆様へ
  • 奨学金制度